スポンサー リンク

元カノに連絡してはいけない理由は?女性の新しい恋愛を邪魔してしまう

元カノに連絡しては いけない

『本ページはプロモーション広告が含まれています。』

スポンサー リンク

元カノに連絡してはいけないワケと女性が新しい恋を迎えることに難しい理由

元カノに連絡しては いけない

恋愛を求める女性は、合コンや友人の紹介など、異性と出会う機会に忙しく活動する生き物である

実は、元カレへの未練がある女性ほど、新たな恋愛でその未練を断ち切ろうとします。

男性が新しい恋を「保存」するのに対し、女性はその恋を「上書き保存」すると言われることもあります。

そのため、元カノのことを過度に追いかけると、かえって関係がこじれることもあります。

 

元カレを嫌う気持ちが強いため、連絡を取りたくないというケースも考えられます。

関係が険悪な場合、顔を合わせたくないという気持ちに至ることもあります。

 

例えば、浮気や喧嘩が原因で別れた場合、元カノの気持ちを取り戻すことは非常に困難です。

「反省しているから誠意を見せたい」といった気持ちも、相手の感情を逆撫でする可能性があるため控えることが重要です。

 

特に、自分に原因があった場合は慎重に行動しましょう。

過去の辛い記憶が引きずられることもあり、楽しい思い出ばかりでなく辛い経験が多いと、気持ちが引きずられることがあります。

 

浮気や記念日の忘れ、デートのドタキャンなどの辛い出来事は、特に思い出したくはないものです。

また、男性が楽しい思い出だけを持っていると感じている場合、それは女性の感情と大きく異なる可能性があります。

加害者と被害者の記憶の違いを考えることも大切です。

 

また、トラウマを持つ女性も実際に存在し、過去の経験から傷つくことを恐れることもあります。

自身の行動を振り返り、男性は当時の自分に問題がなかったかを考えることも重要です。

 

 

スポンサー リンク

元カノに連絡してはいけない/元カノとの連絡に関する考慮すべき事項

元カノに連絡しては いけない

元カノに連絡を取ることが、元カノの新たな恋愛の邪魔となる可能性もあります。

新しい恋人や気になる人ができた場合、時間が限られていることも考えられます。

また、仕事や勉強、個人の趣味に没頭している場合も、連絡を取る余裕がないことがあります。

 

さらに、元カノが新たな恋愛に進んでいる場合、連絡は適切ではありません。

別れた相手とは一線を引くことが大切であり、元カノの新たな気持ちを尊重するべきです。

このような状況において、元カレに連絡を取りたいと望む女性はほぼ存在しないと考えられます。

そのため、基本的に元カノへの連絡は控えるべきであり、それが最も適切な行動と言えます。

 

もし共通の知り合いがいる場合には、連絡による情報が広まってしまう可能性もあります。

元カレからの連絡について仲間内で話題になれば、不要な評判が広まってしまい、復縁の可能性がますます低くなることでしょう。

元カノの気持ちを知りたいと望む場合には、無闇に連絡を取るのではなく、慎重に考えるべきです。

 

 

スポンサー リンク

元カノに連絡してはいけない?元カノとの関係を確認したい男性へ

元カノに連絡しては いけない

元カノとの関係を確認したいけれど、上手にアプローチする方法が知りたい方へ。

SNSを何気なくチェックすることが、役立つ情報収集方法となり得ます。

例えば、元カノの投稿文や写真を通じて、彼女の近況や気持ちを探ることができます。

 

その中には、恋愛よりも友情に重点を置いた投稿や、悲観的な内容が多い場合、あるいは新しい恋を求めているような投稿を見つけることもあります。

また、元カノがどのような場所でどんな人と遊んでいるかを把握することで、その状況を理解する手助けになります。

 

ただし、元カノが破局後に自分をブロックしている場合は、頑丈な防御態勢を取っている可能性があるため、要注意です。

Instagramのストーリー機能などで足跡がついてしまうことを避けるためには、プライベートなアカウントを用意しておくと良いでしょう。

 

共通の友人を通じて元カノの近況を知ることもまた有効な手段です。

元カノ本人から直接情報を得るよりも警戒心が薄く、違和感なく情報を収集できます。

ただし、友人に負担をかけることのないように、頻繁に協力を依頼するのは避けましょう。

特に別れが新しい場合は、月に1回程度の頻度での協力を依頼する形で充分です。

 

また、元カノへの連絡を再開したいと考える場合には、冷却期間を経てからアプローチすることが重要です。

冷却期間とは、お互いの気持ちを落ち着かせるために接触を避ける期間を指します。

この期間を設けることで、過去の思い出が美化されず、相手の警戒心が和らぐ可能性があります。

 

 

スポンサー リンク

元カノへの復縁の際の連絡タイミングとポイント

元カノに連絡しては いけない

別れてから一定期間が経ってから元カノに連絡をとる場合、気をつけることがあります。

ですが、別れてから1か月はまずは我慢しましょう。

なぜなら、この期間は女性にとって感情の起伏が激しい時期だからです。

 

具体的には、別れて1週間では悲しい気持ちや後悔が強い状況。

 

2週間経つと少し気持ちが落ち着き、3週間経つと状況はさらに変わります。

 

これは一般的な例であり、別れ方によってはより複雑な心理状態を抱えていることもあります。

ナイーブな状態であるため、この時期に無理に復縁を図るのは適切ではありません。

 

また、自然に連絡をとれる段階になれば、復縁のチャンスが生まれる可能性があります。

そのポイントとして、学校や職場が一緒だったり、付き合う前からの友達関係が長かったり、別れ際に連絡許可を得ていたりすることが挙げられます。

 

ただし、連絡が続くからと言って必ずしも復縁を求めているとは限らないため、過度な期待は避けるべきです。

さらに、連絡を再開できても、相手が復縁を求めている保証はありません。

 

復縁の可能性を考えると、最初の連絡がとれる可能性は50%程度、

それが続く可能性は60~70%程度、

最終的に復縁できる可能性は30~40%程度といった具体的な数字を挙げられます。

 

 

スポンサー リンク

元カノに連絡してはいけない状況からの女性からの復縁の連絡に対する心理と、注意すべきポイント

元カノに連絡しては いけない

一旦連絡を取り合えば、その後の連絡に抵抗感が薄れる一方で、実は意外にも復縁の可能性は逆に大幅に低下することもあります。

 

多くの女性は復縁ではなく、単に友達としてのコンタクトを望んでいます。

明確なサインは存在しないため、元カノの性格を理解することが重要です。

 

ただし、相手からの連絡はチャンスであり、これを逃すと再び連絡を取れる可能性は低くなります。

相手からの連絡がある場合は、未練が残っている可能性が高いため、注意も必要です。

 

女性が元カレに連絡する際の心理は、相手の状況に興味を持つことから始まっています。

なにかしら特定の目的があるため、理由なき連絡はほとんどありません。

また、時にはネガティブな理由で連絡を取ることもあります。

 

また、孤独を感じる女性は、男性の意見を求めたり、お金を借りたりすることがあります。

このような場合、身体の関係や復縁の動機の有無について注意が必要です。

 

また、イベント前に連絡が来る場合には警戒する必要があります。

あなたに頼みごとをする女性は、甘え上手である可能性があります。

そのためにも、自分が相手に求める最終的な結果を明確に理解することが重要です。

 

 

スポンサー リンク

元カノに連絡してはいけない?別れた女性との連絡について考える

元カノに連絡しては いけない

別れた女性に連絡を取ってはいけない理由と、連絡する際に注意すべきことについて、改めて振り返ってみましょう。

別れた後の女性は新たなステージに目を向けることが多く、そのため連絡が取れたとしても、必ずしも良い方向に向かうとは限りません。

逆境を覚悟して連絡を取る場合でも、先ほど紹介した元カノの気持ちを理解し、慎重に行動する必要があります。

 

これまでの内容をまとめると、基本的に別れた後に元カノに連絡するべきではない理由は以下の通りです。

 

①次の恋愛に目を向けているため

②元カレのことが嫌いになっているため

③辛い記憶を引きずってしまっているため

④時間を取ったり、次の恋愛の邪魔になってしまうため。

 

もしもどうしても元カノに連絡を取りたい場合は、少なくとも1ヵ月の冷却期間を置くべきです。

相手から連絡が来ない限り、過度な期待をせずに結果を受け入れることも大切です。

未練があっても、時には諦めることも必要です。

 

お互いに新たな一歩を踏み出す勇気が求められます。

適切なタイミングで別れを受け入れ、望みがないことを悟った時点で、「いい恋愛だった」と思い出にしましょう。

 

もしも悩んでいるなら、ココナラなどで相談することも一つの選択肢です。

話をすることで気持ちが楽になり、専門家からのアドバイスを受けられます。

 

格安で人気のカウンセラーに相談することができるので、ぜひ活用してみてください。

以上のような視点から、別れた女性との連絡について考えてみました。

スポンサー リンク


恋愛
恋愛日記

コメント