スポンサー リンク

駅伝で使うたすきの結び方!引っ張ると締まるコツを徹底解説

『本ページはプロモーション広告が含まれています。』

 

駅伝は日本の伝統的なスポーツの一つで、チームワークと個人の力が試される過酷な競技です。

その駅伝で欠かせないのが「たすき」ですが、実はたすきの結び方にはコツがあるのをご存知でしょうか。

ここでは、引っ張ると締まるたすきの結び方について詳しく解説します。

 

 

たすきの結び方が重要な理由

  • たすきがほどけると、リレーに失敗してしまう
  • しっかり結ばないと、走っている途中で落としてしまうかも
  • かといって、固く結びすぎると次の走者にスムーズに渡せない

 

駅伝では、たすきを使ってチームメイトにバトンタッチします。

このたすきの結び方が適切でないと、リレーに失敗してしまう可能性があります。

たすきがほどけてしまっては元も子もありません。

 

かといって、あまりに固く結びすぎてしまうと、次の走者にスムーズにたすきを渡すことができません。

適度な強度で、しっかりと結ぶことが大切なのです。

 

また、たすきを結ぶ位置も重要です。

たすきを腰に巻く場合は、ズボンのウエストバンドに引っかからないよう注意が必要です。

胸に掛ける場合は、breathing の邪魔にならない位置を選びましょう。

たすきを結ぶ位置によって、走りやすさが変わってきます。

 

 

目次(気になる場所をクリックして読んでね♡)
スポンサー リンク

たすきの結び方の基本

駅伝 たすき 結び方

  • たすきの両端を持ち、右側を上にして左側と交差させる
  • 右側のたすきを左側のループに通す
  • 右側のたすきを引っ張り、しっかりと締める

 

たすきの結び方の基本は、右側のたすきを左側のループに通して締めるだけです。

まず、たすきの両端を持ち、右側を上にして左側と交差させます。

 

次に、右側のたすきを左側で作ったループに通します。

最後に、右側のたすきをぐっと引っ張れば、たすきは締まります。

 

この結び方は、「引き結び」や「引っ張り結び」と呼ばれることもあります。

たすきを引っ張ると締まる仕組みになっているので、走っている最中にほどける心配がありません。

しっかりと締めることができるので、駅伝で最もポピュラーな結び方だと言えるでしょう。

 

 

たすきを結ぶ位置のポイント

  • 腰に巻く場合は、ウエストバンドに引っかからないよう注意
  • 胸に掛ける場合は、breathing の邪魔にならない位置を選ぶ
  • たすきを結ぶ位置によって、走りやすさが変わってくる

 

たすきを腰に巻く場合は、ズボンのウエストバンドに引っかかってしまわないよう注意しましょう。

たすきが引っかかってしまうと、走るのに支障をきたします。

 

腰ではなく、胸にたすきを掛ける選手もいます。

胸に掛ける場合は、breathing の邪魔にならない位置を選ぶことが大切です。

たすきを結ぶ位置によって、走りやすさが変わってきます。

自分に合ったたすきの位置を見つけることが重要だと言えます。

 

練習を重ねる中で、最適なたすきの位置を探ってみてください。

どの位置で結ぶのが一番走りやすいのか、実際に試してみるのが一番です。

 

 

スポンサー リンク

たすきを引き渡すタイミングとコツ

駅伝 たすき 結び方

  • 次の走者が来るのを待ち構えるのではなく、前に出て渡しに行く
  • たすきを持っている手を大きく前に振り、次の走者に合図する
  • 次の走者がたすきを持ったら、すぐに手を離さず一緒に数歩走る

 

たすきリレーがスムーズに行われるかどうかは、たすきを引き渡すタイミングにかかっています。

次の走者が来るのを待ち構えるのではなく、前に出て渡しに行くのがコツです。

目安としては、次の走者が20〜30mほど手前に来たら前に出始めると良いでしょう。

 

たすきを持っている手を大きく前に振ることで、次の走者に合図を送ります。

このサインを見て、次の走者は走るスピードを調整します。

そして、次の走者がたすきを持ったら、すぐに手を離さないことが大切です。

 

2、3歩一緒に走ってから、たすきから手を離すようにしましょう。

このような細かいコツを押さえることで、スムーズなたすきリレーが可能になります。

 

 

練習あるのみ!たすきリレーのポイント

  • 実際にたすきを使って、チームメイトと練習する
  • たすきの結び方、たすきを渡すタイミング、走る位置などを確認する
  • 本番さながらの緊張感を持って練習に臨むことが大切

 

スムーズなたすきリレーを行うためには、練習あるのみです。

実際にたすきを使って、チームメイトと練習を重ねましょう。

たすきの結び方、たすきを渡すタイミング、走る位置などを確認し、本番に備えます。

 

ただ練習をするだけでなく、本番さながらの緊張感を持って練習に臨むことが大切です。

本番と同じような状況を想定し、シミュレーションするようにしましょう。

そうすることで、本番でも実力を発揮することができるはずです。

 

 

たすきリレーはチームワークが命

駅伝は、一人の力だけでは勝つことができません。

チームワークが何よりも大切なスポーツだと言えます。

たすきリレーもその一つです。

一人一人が自分の役割を果たし、たすきをつなぐことでチームとしての力を発揮することができます。

 

たすきリレーでは、技術的な部分だけでなく、メンタル面も重要になってきます。

チームメイトを信頼し、自分のパートを全力で走り切る。

そういったチームワークがあってこそ、たすきはスムーズにつながっていきます。

 

 

まとめ:たすきの結び方とリレーのコツ

駅伝で使われるたすきの結び方と、たすきリレーのコツについて解説してきました。

たすきの結び方は、引っ張ると締まる「引き結び」が基本です。

たすきを渡すタイミングや、走る位置なども重要なポイントになります。

 

何よりも大切なのは、チームワークです。

一人一人が自分の役割を果たし、たすきをつなぐ。

そのためには、日頃の練習が欠かせません。

たすきの結び方をマスターし、チームメイトと息の合ったたすきリレーを目指しましょう。

コメント