スポンサー リンク

脊髄梗塞はなぜ起こる?原因と症状について徹底解説!エコノミー症候群との違いは?

『本ページはプロモーション広告が含まれています。』

 

最近、俳優の佐藤弘道さんが飛行機の中で体調を崩し、下半身マヒになったというニュースが話題になりました。

この原因は脊髄梗塞だと言われていますが、一体どのような病気なのでしょうか?

 

また、エコノミー症候群との違いは何なのでしょうか?

今回は、脊髄梗塞について詳しく解説します。

 

 

脊髄梗塞とは?

  • 脊髄の血管が詰まることで、脊髄の一部に血流が届かなくなる病気
  • 脊髄の機能が低下し、手足のマヒや感覚障害などの症状が現れる
  • 高齢者に多いが、若年者でも発症することがある

 

脊髄梗塞とは、脊髄の血管が詰まることで、脊髄の一部に血流が届かなくなる病気です。

脊髄は、脳から伸びる神経の束で、体の各部位に指令を送る重要な役割を担っています。

 

脊髄梗塞が起こると、脊髄の機能が低下し、手足のマヒや感覚障害などの症状が現れます。

脊髄梗塞は、高齢者に多い病気ですが、若年者でも発症することがあります。

特に、長時間同じ姿勢でいることや、脱水状態になることが原因で発症することがあるため、注意が必要です。

 

 

目次(気になる場所をクリックして読んでね♡)
スポンサー リンク

脊髄梗塞の原因は?

脊髄梗塞はなぜ起こる 原因と症状について エコノミー症候群との違い

  • 動脈硬化による血管の狭窄や閉塞
  • 血栓による血管の閉塞
  • 血管の炎症や外傷による血管の損傷

 

脊髄梗塞の原因は、主に動脈硬化による血管の狭窄や閉塞、血栓による血管の閉塞、血管の炎症や外傷による血管の損傷などがあります。

動脈硬化は、加齢とともに血管の壁が硬くなり、血流が悪くなることで起こります。

 

また、血栓は、血液が固まってできる塊で、血管を詰まらせることがあります。

脊髄梗塞の原因には、生活習慣も関係しています。

喫煙や高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病は、動脈硬化を進行させるため、脊髄梗塞のリスクを高めます。

また、長時間同じ姿勢でいることや、脱水状態になることも、血流を悪くするため、脊髄梗塞の原因になることがあります。

 

 

脊髄梗塞の症状とは?

  • 手足のマヒや感覚障害
  • 背中や腰の痛み
  • 膀胱や直腸の機能障害

 

脊髄梗塞の症状は、障害された脊髄の部位によって異なります。

一般的には、手足のマヒや感覚障害、背中や腰の痛み、膀胱や直腸の機能障害などがあります。

マヒは、脊髄梗塞が起こった部位より下の手足に現れることが多く、重症になると歩行が困難になることもあります。

 

感覚障害は、マヒと同じように、脊髄梗塞が起こった部位より下の手足に現れることが多いです。

痛みやしびれ、触覚の低下などの症状が現れます。

また、膀胱や直腸の機能障害は、尿意や便意が感じにくくなったり、尿や便が漏れたりすることがあります。

 

 

スポンサー リンク

脊髄梗塞の診断方法は?

脊髄梗塞はなぜ起こる 原因と症状について エコノミー症候群との違い

  • 神経学的検査
  • MRI検査
  • 脊髄造影検査

 

脊髄梗塞の診断は、神経学的検査やMRI検査、脊髄造影検査などで行います。

神経学的検査では、医師が患者の手足の動きや感覚、反射などを調べます。

MRI検査では、磁気を使って脊髄の断面画像を撮影し、梗塞の部位や範囲を特定します。

 

脊髄造影検査は、脊髄腔に造影剤を注入し、レントゲン撮影を行う検査です。

この検査では、脊髄の血管の状態を詳しく調べることができます。

ただし、侵襲的な検査であるため、必要性を十分に検討した上で行われます。

 

 

脊髄梗塞の治療方法は?

  • 急性期の治療(血栓溶解療法、血圧管理など)
  • リハビリテーション
  • 薬物療法(抗血小板薬、抗凝固薬など)

 

脊髄梗塞の治療は、発症からの時間や症状の重症度によって異なります。

急性期には、血栓溶解療法や血圧管理などを行い、脊髄の損傷を最小限に抑えることが重要です。

 

血栓溶解療法は、血栓を溶かす薬剤を投与する治療法で、発症から4.5時間以内に行うことが推奨されています。

急性期の治療が終わった後は、リハビリテーションが中心となります。

 

理学療法士や作業療法士などの専門家が、患者の状態に合わせたリハビリテーションプログラムを作成し、手足の機能回復を目指します。

また、再発予防のために、抗血小板薬や抗凝固薬などの薬物療法が行われることもあります。

 

 

スポンサー リンク

エコノミー症候群との違いは?

脊髄梗塞はなぜ起こる 原因と症状について エコノミー症候群との違い

  • エコノミー症候群は、下肢の静脈血栓が原因
  • 脊髄梗塞は、脊髄の動脈血栓が原因
  • 症状や治療法が異なる

 

エコノミー症候群は、長時間の座位や車内での同一姿勢により、下肢の静脈血流が滞ることで発症する病気です。

一方、脊髄梗塞は、脊髄の動脈血栓が原因で発症する病気です。

 

両者は、症状や治療法が異なります。

エコノミー症候群では、下肢の腫れやむくみ、痛みなどの症状が現れます。

治療は、弾性ストッキングの着用や、下肢の挙上、血栓溶解療法などが行われます。

 

一方、脊髄梗塞では、手足のマヒや感覚障害、膀胱直腸障害などの症状が現れます。

治療は、急性期の治療やリハビリテーション、薬物療法などが行われます。

 

 

脊髄梗塞の予防法は?

  • 生活習慣の改善(禁煙、運動、食事療法など)
  • 長時間の同一姿勢を避ける
  • 脱水を防ぐ

 

脊髄梗塞を予防するためには、生活習慣の改善が重要です。

禁煙や運動、食事療法などを行い、動脈硬化のリスクを下げることが大切です。

 

また、長時間の同一姿勢を避け、こまめに体を動かすことも予防に効果的です。

飛行機や車での長時間の移動の際は、水分を十分に取り、脱水を防ぐことも重要です。

また、弾性ストッキングを着用することで、下肢の血流を改善し、エコノミー症候群の予防にもつながります。

 

 

まとめ

脊髄梗塞は、脊髄の血管が詰まることで起こる病気で、手足のマヒや感覚障害などの症状が現れます。

原因は、動脈硬化や血栓などで、生活習慣病や長時間の同一姿勢、脱水などが関係しています。

診断は、神経学的検査やMRI検査などで行い、治療は、急性期の治療やリハビリテーション、薬物療法などが行われます。

脊髄梗塞を予防するためには、生活習慣の改善や長時間の同一姿勢を避けること、脱水を防ぐことが重要です。

 

また、エコノミー症候群との違いを理解し、適切な予防法を実践することが大切です。

脊髄梗塞は、早期発見・早期治療が重要な病気です。

症状が現れたら、すぐに医療機関を受診しましょう。

コメント