スポンサー リンク

高校生のピアスホールを隠す方法!リップやコンシーラーを使った注意点

『本ページはプロモーション広告が含まれています。』

 

高校生でピアスを開けたいけれど、学校の風紀検査が厳しくて見つかってしまう心配がありますよね。

そんな時は、リップやコンシーラーを使ってピアスホールを隠す方法があります。

 

でも、安定する前からそれらを使うのは避けた方が良いのでしょうか?

ここでは、ピアスホールを隠す方法とその注意点についてご紹介します。

 

 

  • ピアスホールを隠すためにリップやコンシーラーを使う方法がある
  • 安定する前からリップやコンシーラーを使うのは避けた方が良い
  • ピアスホールが安定するまでの期間とは?
  • ピアスホールが安定する前に化粧品を使うとどうなる?
  • ピアスホールを隠すためのおすすめの方法
  • ピアスホールを隠す時の注意点
  • 高校生がピアスを開ける際の心構え

 

 

ピアスホールが安定するまでの期間とは?

ピアスホールが安定するまでの期間は、個人差がありますが、だいたい1ヶ月から3ヶ月ほどかかると言われています。

この間は、ピアスホールが完全に塞がらないように注意が必要です。

 

ピアスホールが安定するまでは、ピアスを外した状態で過ごすことが大切です。

ピアスを付けっぱなしにしていると、ピアスホールが塞がってしまう可能性があるからです。

 

また、この時期はピアスホールが化膿しやすいので、清潔に保つことが大切です。

 

 

スポンサー リンク

ピアスホールが安定する前に化粧品を使うとどうなる?

高校生のピアスホールを隠す方法!リップやコンシーラーを使った注意点

ピアスホールが安定する前に、リップやコンシーラーなどの化粧品を使ってピアスホールを隠すのは避けた方が良いでしょう。

化粧品によっては、ピアスホールに詰まってしまい、化膿や炎症の原因になる可能性があるからです。

 

また、化粧品を使ってピアスホールを隠すと、ピアスホールの状態が見えにくくなってしまいます。

そのため、化膿などの異変に気づきにくくなる可能性もあります。

ピアスホールが安定するまでは、できるだけピアスホールを隠さずに過ごすことが大切です。

 

 

ピアスホールを隠すためのおすすめの方法

ピアスホールが安定してから、風紀検査などでピアスホールを隠したい時におすすめなのが、ピアスシールです。

ピアスシールは、ピアスホールに貼るだけで、ピアスホールを目立たなくすることができます。

ピアスシールは、肌色のものが多いので、自然な仕上がりになります。

 

また、水や汗に強いものが多いので、学校生活でも安心して使うことができます。

ピアスシールは、ドラッグストアや雑貨店などで手軽に購入することができます。

 

 

スポンサー リンク

ピアスホールを隠す時の注意点

高校生のピアスホールを隠す方法!リップやコンシーラーを使った注意点

ピアスホールを隠す時は、清潔に保つことが大切です。

ピアスシールを貼る前に、ピアスホールをしっかりと洗浄し、乾燥させましょう。

 

また、ピアスシールを貼る時は、手指を清潔にしてから行うようにしましょう。

ピアスシールを貼ったまま、長時間過ごすのは避けた方が良いでしょう。

ピアスシールを貼りっぱなしにしていると、ピアスホールに刺激を与えてしまう可能性があるからです。

風紀検査など、必要な時だけピアスシールを使うようにしましょう。

 

 

高校生がピアスを開ける際の心構え

高校生がピアスを開ける際は、学校の規則をしっかりと確認することが大切です。

多くの高校では、ピアスを禁止しています。

もし見つかってしまうと、処分を受ける可能性があります。

 

また、ピアスを開ける際は、衛生面にも注意が必要です。

信頼できる店舗で、清潔な器具を使ってピアスを開けてもらうようにしましょう。

ピアスホールが化膿してしまうと、痛みや腫れなどの症状が出てしまいます。

 

 

まとめ

高校生のピアスホールを隠す方法!リップやコンシーラーを使った注意点

高校生がピアスを開ける際は、学校の規則をしっかりと確認し、衛生面にも注意することが大切です。

また、ピアスホールが安定するまでは、リップやコンシーラーなどの化粧品を使ってピアスホールを隠すのは避けましょう。

ピアスホールが安定してから、風紀検査などでピアスホールを隠したい時は、ピアスシールを使うのがおすすめです。

ピアスホールを隠す際は、清潔に保つことを心がけ、必要な時だけ隠すようにしましょう。

コメント