スポンサー リンク

ご注文商品が発送されましたAmazon偽装メールに注意!詐欺の見分け方と対処法

Wikipedia 寄付ページ 誤ってタップしてしまった

『本ページはプロモーション広告が含まれています。』

 

最近、Amazonを装った詐欺メールが増えています。

このメールは一見本物のAmazonからのメールのように見えますが、実は詐欺師が送信しているものです。

このような詐欺メールに引っかからないためには、メールの内容をよく確認し、怪しい点がないか注意深く見極める必要があります。

 

 

ご注文商品が発送されましたAmazonを装った詐欺メールの特徴

  • Amazonの公式ドメインとは異なる.orgなどのURLが記載されている
  • 受取人の名前が個人名になっているが、アルファベット表記である
  • 埼玉県のお蕎麦屋さんなど発送先住所が自分の住所ではない、または実在しない住所である
  • 決済方法が自分の登録している方法とは異なる

 

Amazonを装った詐欺メールには、いくつかの特徴があります。

まず、メールに記載されているURLが、Amazonの公式ドメイン(amazon.co.jp)とは異なるものになっていることが多いです。

 

また、受取人の名前が個人名になっているにも関わらず、アルファベット表記になっていたり、発送先住所が自分の住所ではない、または実在しない住所になっていたりします。

 

さらに、決済方法が自分がAmazonに登録している方法とは異なることもあります。

 

これらの特徴が1つでも当てはまる場合は、そのメールが詐欺メールである可能性が高いと言えます。

詐欺メールに記載されているリンクを開いたり、個人情報を入力したりすることは絶対に避けましょう。

 

 

スポンサー リンク

ご注文商品が発送されましたAmazonを装った詐欺メールが届いた場合の対処法

ご注文商品が発送されましたAmazon偽装メール

  • メールに記載されているリンクを開かない
  • メールに返信しない
  • Amazonに直接問い合わせる
  • 詐欺メールを受信拒否リストに追加する

 

もしAmazonを装った詐欺メールが届いた場合、まずはメールに記載されているリンクを開かないようにしましょう。

リンク先は詐欺サイトの可能性が高く、個人情報を盗まれたり、ウイルスに感染したりする恐れがあります。

 

また、メールに返信することも避けましょう。

返信すると、詐欺師にメールアドレスが有効であることを知らせてしまい、さらに詐欺メールが届くようになってしまいます。

 

Amazonに登録している場合は、Amazonのサイトから直接問い合わせをするのが最も確実な方法です。

Amazonのサイトにログインし、注文履歴を確認することで、本当に商品を注文したかどうかを確認することができます。

また、詐欺メールを受信拒否リストに追加することで、同じ詐欺師からのメールを受け取らないようにすることもできます。

 

 

Amazonを装った詐欺メールが届いた場合の通報先

  • Amazonカスタマーサービス
  • 警察署または警察相談専用電話(#9110)
  • 国民生活センター
  • フィッシング対策協議会

 

Amazonを装った詐欺メールが届いた場合、Amazonカスタマーサービスに連絡することをおすすめします。

Amazonでは、詐欺メールに関する情報を収集し、詐欺師の追跡に役立てています。

 

また、警察署や警察相談専用電話(#9110)に相談することで、詐欺の被害に遭わないための対策を教えてもらうこともできます。

国民生活センターでは、詐欺メールに関する相談を受け付けており、被害の拡大防止に努めています。

 

フィッシング対策協議会では、フィッシング詐欺に関する情報を収集し、注意喚起を行っています。

これらの機関に詐欺メールを通報することで、詐欺師の活動を抑止することにつながります。

 

 

スポンサー リンク

ご注文商品が発送されましたAmazonを装った詐欺メールに引っかからないための予防策

ご注文商品が発送されましたAmazon偽装メール

  • メールの送信元を確認する
  • メールに記載されているリンクのURLを確認する
  • Amazonからのメールか公式サイトで確認する
  • 怪しいメールは無視する

 

Amazonを装った詐欺メールに引っかからないためには、メールの送信元をよく確認することが重要です。

Amazonからのメールは、必ず「@amazon.co.jp」のドメインから送信されます。

 

また、メールに記載されているリンクのURLをよく確認し、Amazonの公式サイトのURLと一致しているかどうかを確認しましょう。

Amazonから届いたメールか確認したい場合は、Amazonの公式サイトにログインし、注文履歴を確認することをおすすめします。

 

また、怪しいメールは無視することが最も賢明な対処法です。

メールに返信したり、リンクをクリックしたりせず、そのまま削除しましょう。

 

 

まとめ

Amazonを装った詐欺メールは、巧妙に作られているため、見分けるのが難しいことがあります。

しかし、メールの送信元やリンクのURLをよく確認することで、詐欺メールを見抜くことができます。

詐欺メールが届いた場合は、リンクを開いたり、個人情報を入力したりせず、Amazonに直接問い合わせることが最も確実な対処法です。

 

また、詐欺メールを受け取った場合は、Amazonカスタマーサービスや警察、国民生活センターなどに通報することで、詐欺師の活動を抑止することにつながります。

詐欺メールに引っかからないためには、日頃から注意深くメールを確認する習慣をつけることが大切です。

コメント